呼吸(2)






[PR]



2017年05月15日(Mon)
呼吸(2)
前回は酸素が体内においてどのように働くのかをお話しました。

ところがこの酸素、現代において、
人は慢性的に酸素不足に陥っている、といわれています。
それは何故なのでしょう。


大気中の酸素濃度は、現在約21%。
これは自然豊かな場所での酸素濃度です。
ところが100年前、酸素濃度は24%もあったとのこと。
大気汚染や森林伐採、人口増加など原因はさまざまでしょうが、
これだけでも昔に比べ、現在人は十分といえる酸素には恵まれていないことになるでしょう。

そこに輪をかけて、人口密度の高いところでの生活でさらに減少、
通気性の悪く、空気の循環の満足ではない住居、でますます減少、
満員電車など乗ればもはや目も当てられない状況に・・・。
いかに環境的に、酸素に恵まれていない環境にあるかわかるでしょう。

さらに身体状態。
運動不足、食生活の乱れ、生活リズムの不摂生などによる心肺機能の低下は、
取り込める酸素を減らし、取り込んでも全身にいきわたらせることができない。
身体の酸欠を招きます。
さらに飲酒、喫煙、食品添加物などにより、解毒の仕事を増やし、余計に酸素を消費する生活が加わればさらなる酸素欠乏を招きます。

今に生活する中で、非常に不足しがちな「酸素」。
次回はこれを如何に解決していくべきか、お話できればと思います。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年5月
 
15
     

アーカイブ
2005年 (18)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (7)
2006年 (102)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (8)
10月 (16)
11月 (18)
12月 (18)
2007年 (61)
1月 (6)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (13)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (32)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (25)
1月 (1)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (1)
2011年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (3)
5月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
2012年 (9)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (3)
8月 (1)
11月 (1)
2013年 (5)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
2014年 (2)
3月 (1)
12月 (1)
2015年 (1)
1月 (1)
2016年 (5)
2月 (3)
3月 (2)
2017年 (4)
1月 (2)
5月 (2)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:151
累計:441,343