霞始靆






[PR]



2016年02月26日(Fri)
霞始靆
こんにちは、院長の鎌瀧です。

72候おきに更新の予定でござましたが、土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)をすっかり飛ばしてしまいました・・・

さて2月26日、二十四節気では雨水。
降る雪も雨に変わり、積もった雪も解け始める時期、
昔は農耕の準備を始める目安とされていたそうです。
そして72候では霞始靆(かすみはじめてたなびく)。
遠くの山々に霞や霧、朝もやがぼんやりと現れては消える、そんな情景が見え始める季節という意味です。

ですが昨日今日と、なにやら寒さがぶり返してきているご様子、
こんな時こそ気をつけたいのが風邪。

春は四季の中でも特に風邪を引きやすい季節。
東洋医学では風邪(ふうじゃ)と呼び、皮膚表面から進入してきたこの悪い気により、病気を起す、と考えられています。
これを防ぐためには体力を充実させ、特に皮膚表面を覆い、悪い気から体を守る「衛気」という
を強くすることが大切です。
その為には、体を作る栄養を十分にとる、ということも大事ですが、
お勧めなのは「乾布摩擦」。

乾布摩擦には科学的根拠がない、と言われていますが、実際のところ効果は高いです。
科学的根拠がない=効果がない ではなく、
科学的根拠がない=現代科学では何故効くのかが分からない だけの話。


さて乾布摩擦の方法ですが、
乾いた布やタオルなどで肩甲骨の間を上下に、肌に優しく触れる程度で軽くこすります。
強く擦る必要は一切ありません。痛いだけです。
ほんのり赤みを帯びる程度、背中の奥がほんのり暖まるくらい続けるのがベストです。

背中肩甲骨の間には「風門」と呼ばれるツボがあり、風邪の邪気はここから進入してきます。
「風門」が程よく刺激され、強くなることで悪い気をはじくことができるようになります。
同時に「肺腧穴」「心腧穴」なども刺激され、呼吸器、循環器系の調子も整えるので、風邪予防にはもってこいの健康法です。
ぜひお試しください。


本日はここまで、次の節でお会いしましょう。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2016年2月
 
26
         

アーカイブ
2005年 (18)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (7)
2006年 (102)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (11)
9月 (8)
10月 (16)
11月 (18)
12月 (18)
2007年 (61)
1月 (6)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (13)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (32)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (4)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (25)
1月 (1)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (1)
2011年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (3)
5月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
2012年 (9)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (3)
8月 (1)
11月 (1)
2013年 (5)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
2014年 (2)
3月 (1)
12月 (1)
2015年 (1)
1月 (1)
2016年 (5)
2月 (3)
3月 (2)
2017年 (4)
1月 (2)
5月 (2)

アクセスカウンタ
今日:112
昨日:770
累計:477,995